Back to page

 Print 

技術系備忘録​/C++​/templateクラスの中のtemplateクラスの書き方 :: シンクリッジ

xpwiki:技術系備忘録/C++/templateクラスの中のtemplateクラスの書き方

C++ は(も)使い続けてないと(使い続けていても)書式を忘れてしまいます。・・老化かな・・。
というわけで、template クラスの中の template クラスの static 変数の実体や関数の中身を別に記述するとき、どうやって書くんだったっけ・・と悩んだ時のためにリファレンスコードとして残しておきます。

// ↓いくらネストしてようと定義するだけは難しいことなく書ける。

template <typename TA> struct ClassA
{
    template <typename TB> struct ClassB
    {
        static const TB id;
        template <int TC> struct ClassC
        {
            static int Func();
        };
    };
};

// ↑のようなネストした定義の実体の書き方は以下↓。これが出てこなくて毎度躓く。

template <typename TA> template<typename TB> const TB ClassA<TA>::ClassB<TB>::id = 999;

template <typename TA> template<typename TB> template<int TC> int ClassA<TA>::ClassB<TB>::ClassC<TC>::Func()
{
    return TC * TC;
}

// で、使う場合はこんな感じ↓で難しいことなく書ける。

void Func()
{
    long i = ClassA<int>::ClassB<long>::id;
    int n = ClassA<double>::ClassB<float>::ClassC<1>::Func();
}

以上、だいぶ以前に書いたブログの記事を引っ張ってきました。


Last-modified: 2016-10-05 (Wed) 22:37:59 (JST) (960d) by takatsuka