Back to page

 Print 

技術系備忘録​/PHP​/CentOS7(or6)にPHP5.6をインストール :: シンクリッジ

xpwiki:技術系備忘録/PHP/CentOS7(or6)にPHP5.6をインストール

  • これらディストリビューション標準のPHPは 5.4(5.3)でちょっと古めでサポートも切れているということもあり、同じメジャーバージョンの(現在の)最新版 PHP 5.6 をインストールします。
    • PHP7 はまだ様子見でいいかなと思ってますが、PHP7 をインストールする手順も、ほぼ同じだと思います。
  1. remiレポジトリをインストール (同時に epel も入る)
    • CentOS6 ならこっち
      # yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
    • CentOS7 ならこっち
      # yum install http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm
  2. インストール済みの PHP を一応確認
    # yum list installed | grep php
  3. インストール済みの PHP を削除
    # yum remove php*
    • ディストリビューション標準以外から PHP をインストールしている場合などは、適宜それを削除のこと。
  4. php5.6 をインストール。
    # yum install --enablerepo=remi,remi-php56 php php-mbstring php-pdo php-gd php-mcrypt php-mysqlnd
    • 必要なモジュールは適宜付け足すべし。
      php-pecl-redis php-pecl-xdebug php-opcache php-pecl-apcu とか
  1. /etc/php.ini を適宜編集
    元ファイルは php.ini.rpmsave というファイル名で残っているので差分を確認しつつ行うべし。
  2. httpd の restart
    # service httpd restart

Last-modified: 2016-04-15 (Fri) 16:48:25 (JST) (1848d) by takatsuka