メニュー
ブログ更新履歴
コンテンツ更新履歴
リンク
  • Magome
  • クラウドベースのMIDIシーケンサ
    音楽制作に興味のある方を対象に、スタンドアロンでも使え、ネットならではの面白さも兼ね備えた音楽制作アプリの提供を目指しています。
twitter
1: 2018-02-25 (Sun) 00:27:12 takatsuka source Cur: 2019-11-08 (Fri) 09:58:44 takatsuka source
Line 1: Line 1:
-* windows ( VisualStudio ) でのビルド [#k66d07cd+* windows ( VisualStudio ) [#r4cfb75e
-** 事前準備 [#h68d651f]+** ビルド方法 [#k7627e67] 
 +*** 事前準備 [#h68d651f]
- 要 VisualStudio - 要 VisualStudio
- 要 perl。ActivePerl が無難だと思います。 - 要 perl。ActivePerl が無難だと思います。
-- ppm install dmake が必要になるかも。 -- ppm install dmake が必要になるかも。
-** OpenSSL をダウンロード [#g46efc99]+*** OpenSSL をダウンロード [#g46efc99]
- https://www.openssl.org/ こちらからダウンロード - https://www.openssl.org/ こちらからダウンロード
- ここでは OpenSSL 1.1.0g を対象にしています。 - ここでは OpenSSL 1.1.0g を対象にしています。
-** フォルダ構成 [#iffc5409]+*** フォルダ構成 [#iffc5409]
- ここでは以下の感じでやってます - ここでは以下の感じでやってます
-- c:\openssl\openssl-1.1.0g      ←解凍したファイル一式 -- c:\openssl\openssl-1.1.0g      ←解凍したファイル一式
-- c:\openssl\x86                  ←出来上がり先 -- c:\openssl\x86                  ←出来上がり先
-** VisualStudio コマンドプロンプトで [#n0ed07c8]+*** VisualStudio コマンドプロンプトで [#n0ed07c8]
 > cd c:\openssl\openssl-1.1.0g  > cd c:\openssl\openssl-1.1.0g
 > perl Configure VC-WIN32 --prefix=C:\openssl\x86 --openssldir=C:\openssl\openssl-1.1.0g\ssl no-asm no-shared  > perl Configure VC-WIN32 --prefix=C:\openssl\x86 --openssldir=C:\openssl\openssl-1.1.0g\ssl no-asm no-shared
Line 25: Line 26:
 > make install  > make install
-** 出来上がり [#z7fb3986]+*** 出来上がり [#z7fb3986]
- C:\openssl\x86 を確認。 - C:\openssl\x86 を確認。
 +
 +** ダウンロードからビルドまでしてくれる BAT ファイル [#i2cff831]
 +- 使い方は適当なフォルダに BAT を置いて叩くのみです。
 +- setup_openssl.bat
 +#prettify{{
 +setlocal
 +cd /d %~dp0
 +
 +@echo on
 +
 +del openssl-1.1.1d.tar.gz
 +rd /s /q openssl-1.1.1d
 +
 +:: powershell -Command "Invoke-WebRequest -Uri https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.1d.tar.gz -OutFile openssl-1.1.1d.tar.gz"
 +wsl wget https://www.openssl.org/source/openssl-1.1.1d.tar.gz
 +wsl tar -xvf openssl-1.1.1d.tar.gz
 +
 +cd ./openssl-1.1.1d
 +
 +perl Configure VC-WIN32 --prefix=%CD%\x86 --openssldir=%CD%\ssl no-asm no-shared
 +nmake.exe install
 +
 +cmd /k
 +
 +}}
 +
 +-- WSL(Windows Subsystem for Linux)を使ってますのでそれも必要です。が、ダウンロードと解凍でのみ使ってるので、powershell や一般的な解凍ツールに挿げ替えることは可能だと思います。
 +-- VisualStudio の 開発者コマンドプロンプト で実行すると悩むことが少ない気がします。パスを通しておくとかそのあたりの事情で。
 +
 +* 更新履歴 [#q92a547c]
 +- ダウンロードからビルドまでしてくれる windows 用 BAT ファイル を追記しました。2019/11/8


Front page   Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3195, today: 5, yesterday: 4