メニュー
ブログ更新履歴
コンテンツ更新履歴
リンク
  • Magome
  • クラウドベースのMIDIシーケンサ
    音楽制作に興味のある方を対象に、スタンドアロンでも使え、ネットならではの面白さも兼ね備えた音楽制作アプリの提供を目指しています。
twitter
  2015年11月の月別アーカイブ
Thinkridge スタッフ 雑感を綴る

SNI SSL ってのがけっこう一般的になってきてるみたい

SNI SSL ってのがけっこう一般的になってきてるみたいで、これはかなり良さげな気がしてます。

SSL っていうと IP に紐づけるもんで、いわゆるレンタルサーバーの1サイトで使うみたいなことは事実上不可。
・・・っていうのは、ちょっと前までの話。今はそんなことなさげです。

なので、HTTP じゃ不安だ(=信用ない)から HTTPS にしたい!ってなったら1つのIPを占有できる専用サーバー(今だとVPSとかも)を使うのが定石だったのが、SNI SSL を使えば、レンタルサーバーでも HTTPS のメリットを受諾できます。

DB が使えて、cron が使えて、perl や PHP が使えるレンタルサーバーは全然珍しくないので、そこに SNI SSL を組み合わせれば、実は、Webシステム案件の多くは、証明書代含めても月々千円程度の環境で行けてしまいます。

さらに、レンタルサーバーであれば、OSのパッチあてとかメールのウイルスフィルタ対応とかは、業者様がやってくれ(ることになって)ます。

そのへんも勘案すると実は、保守費用を別にして月々数千円~1万円以上を覚悟しないといけないと思っていたことは正しくないかもしれません。
ぜひ考慮したいところです。

とはいえ、もちろん、それでも採用出来ないケースはあります。
業者のサーバーに機密情報を置きたくないとか、
ネイティブアプリをサーバーで動かしたいとか、
WindowsXP(のIE) とかガラケーとかは SNI SSL に非対応みたいなので、もしそれら端末からのアクセスを考慮する必要があるときとか。

なにはともあれ、選択肢や可能性が増えることには違いないので、こういう新技術は上手に使っていくことが必要だって感じたと同時に、付いていけるように勉強しなきゃならないと思った次第です。
頑張ります!・・頑張りたい!・・頑張なくてもいい天賦の才がほしい!・・来世に期待しよう!

ありがとうございました。


アーカイブ