メニュー
ブログ更新履歴
コンテンツ更新履歴
リンク
  • Magome
  • クラウドベースのMIDIシーケンサ
    音楽制作に興味のある方を対象に、スタンドアロンでも使え、ネットならではの面白さも兼ね備えた音楽制作アプリの提供を目指しています。
twitter
  2019年2月の月別アーカイブ
Thinkridge スタッフ 雑感を綴る

自動アップデータ兼ランチャー

自動アップデータ兼ランチャーを GitHub で公開してみました。

magome で作った自動アップデート機能を、目的や内側のアルゴリズムはそのままに、VisualStudio2017、boost など今のテクノロジでコマンドラインツールとして焼き直したものです。

そもそもはその当時スマホアプリとか、PCアプリの chrome とかもそうですが、ユーザーが意識することなく自動でアップデートして常に最新を利用出来る!ってイイネと思ったのが始まりです。

当時のPCアプリは(今もそうかもですが)、アップデートするときはユーザーが能動的にダウンロードしてインストーラを起動して指示に従う。というのが主流でした。

が、そんなことを意識しなくても勝手に最新になってほしいなと。(勝手にアップデートされたら困るケースがあることも承知しています・・)

Windows には ClickOnce というのもあったけど使い勝手も悪くイマイチ流行らなかった(ような気がする)し・・。

で、アプリの自動アップデートです。

差分を配信する為に配信専用データを作るための専用ツールとか、サーバーに配信用アプリをインストールとか、そういうケースを見てきました。
が、ものぐさな自分的には敷居高すぎます。なので、
手間なく!ミスなく!お手がるに!ってことを重視して以下の感じにしました。

・アップデータ作成は、アプリのファイル群を一般的なツールで ZIP に固めるだけで完成!
・配信サーバーは最低限の web サーバーで可。サーバー側に配信アプリをインストールとかは不要。
・アプリは起動時にサーバーをチェックしてアップデータがあれば勝手にアップデート。
・ダウンロードするのは更新に必要な最低限のファイルのみ。

です。
作ってみたら結構便利で他でも使ってました。
特に業務アプリでは、勝手にアップデートして常に最新、全ユーザーが同じバージョンを使うってことを有難がる場合は多いです。
これはオンラインゲームとかでもありがちな要求な気がします。

 

というわけで使えるケースがあれば使ってみて欲しいなと思います。
が、込み入った状況など、そのままじゃ使えない場合も多いと思いますので、そんな場合はお気軽にご相談頂ければと思います。

最後に。
C++ の仕様を作ってる方々、boost などのライブラリを開発している方々に感謝です。


アーカイブ